世界中で恐れられる悪魔の数字666。あの大災害にもこの数字が絡んでいた…「都市伝説」

都市伝説666 世界の都市伝説

「666」が意味するところは何なのか?

666の数字とは

 

では、悪魔の数字「666」は何を指しているのでしょうか?新約聖書には、それは人間であるとも書かれています。

 

人間だとすると、それは一体誰なのでしょうか?

 

 

「666」はローマ皇帝ネロのこと!?

「666」はローマ皇帝ネロのことを指しているという説があります。

 

皇帝ネロといえば、徹底的なキリスト教弾圧を行ったことで有名で、キリスト教徒とは水と油の仲と言えます。

 

このネロをギリシア語で表すと「Neron Kaisar」となり、さらにこれをカバラ数秘術で数字に置き換えてみると「N(50)R(200)O(6)N(50) K(100)S(60)R(200)」になるのです。

 

そして、これらの数字の合計が「666」つまり、悪魔の数字はローマ皇帝ネロのことを指すというのです。(※e、a、i、に該当する数字は無いため)

 

 

「666」は不完全を表す数字!?

キリスト教系の新宗教であるエホバの証人では、完全な存在である神は7という数字であらわし、6は神になりきれない、不完全な存在である人間を指していると定義しています。

 

また、現代の政治体型そのものが悪魔サタンの手によるものだという教えもあることから、「666」は、政治をコントロールし世界を支配しようとしている人間そのものと見ているようです。

 

 

「666」はコンピューター!?

もうひとつ、面白い説があります。

 

「666」は人間ではなく、コンピューターのことを指すのだという意見です。

 

 

まず、アルファベットのAに問題の数字6を当てはめ、B=12、C=18とアルファベットが進むにつれ6の倍数を割り振っていきます。

 

そして、出来上がったアナグラムをコンピューターという綴に当てはめてみると…。

 

C=18、O=90、M=78、P=96、U=126、T=120、E=30、R=108

全てを合計すると、COMPUTER=666となるのです。

 

 

刻印を持たぬものは、物を売ることも買うこともできないとは、まるでコンピューターに管理された未来の経済システムと考えることもできそうです。

 

ちなみにURLでおなじみのワールド・ワイド・ウェブ(www)ですが、wはヘブライ語で6を表す数字です。つまり、www.自体がすでに666であるわけです。

 

 

RFIDマイクロチップは悪魔の刻印!?

獣の数字=コンピューター説にはもうひとつの根拠があります。

 

新約聖書の預言書には刻印の無きものは物を売ることも買うこともできないとあります。これはバーコードを意味するという説もあるのです。

 

バーコードの両端と中央に配置された長めの二重線はリーダーで読み取ると「6」になり、全てのバーコードにおける共通の仕様になっています。

 

つまり、バーコードには最初から666が含まれていることになるのです。これは、予言の書に記された通り、刻印=バーコードを持たない商品は売り買いできないということを表しているのでしょうか。

 

さらに、近年では体内に直接埋め込むRFIDマイクロチップが開発され、アメリカの一部企業では実際に運用されているところもあるのです。

 

従業員は、右手をかざすだけで埋め込んだマイクロチップが作動し、入口のゲートの通過や社員用のパソコンへのログインができるのだそうです。

 

 

右手に埋め込まれたマイクロチップ。刻印が刻まれるのも右手、偶然の一致であればいいのですが…。

 

 

それでは次で悪魔の数字「666」にまつわるとされる

大規模の災害を見ていきたいと思います。